立体的なものを作る

立体的なものを作る

3Dスキャナーでは立体をそのまま直接データとして扱うことができ、それをパソコンに取り込むことができます。ですが、それだけでは不十分になります。
取り込んだデータを立体的に生み出すにはプリンターの技術がやっぱり必要になります。この3Dプリンターは3Dスキャナーで取り込んだデータやパソコンで創りだしたデータはそのまま立体として印刷することができるのが3Dプリンターです。
このプリンターが存在していることで、スキャナーで取り込んだものをいろいろと印刷することができるわけですが、使い方はたくさんあります。
さまざまな場所で利用されていますが、企業の試作品を利用することや、建築事務所がこの3Dプリンターを利用して建築物を予め立体的に作ってみて完成後はどのようなものになるのか、直接お客さんに提示することができるようになっています。
これは建物を創る側からしても完成がどのようなものになるのか詳しくは想像しにくいことなので、このような場所で3Dプリンターはとても役に立っています。

アクセサリーも作れる

印刷機

最近話題の3Dプリンターですが、従来では製品開発の試作段階では粘土や木材など、クレイモデルやモックアップを作成していましたが、コンピュータで設計することができるCADが普及することにともなって樹脂などで印刷することができる3Dプリンティング技術が開発されました。
これによって小型化、低価格化、したことで、3Dプリンターはより、身近なものとなりました。

ハッピーバードのネックレス・ピアスとは小鳥が縦長のカゴの中で揺れるかわいらしデザインになっています。
これを作成するには3Dプリンターならではの技術がとても活かされています。
このハッピーバードネックレスはカラーバリエーションが豊富ですが、イチオシはメーテルリンクの青い鳥を連想される青です。

革命に熱い視線

革命に熱い視線

最近では新聞やテレビ、インターネット上でも3Dプリンターのことが多く紹介されています。これは受信した立体的な画像のデータをもとにして粉末などが何層も塗り固められていって数時間程度で立体的なコピーができるようになるものです。
これであらゆる製品の試作品がカンタンにできるようになる他にその人にあったカタチやサイズの補聴器や歯、骨など、医療分野の応用も進みそうです。
アメリカでは一歩進んでいて、立体的な試作品やデザインを生み出している産業利用の他にも各糧で使える3Dプリンターの時代が来ることを想定して立体を使ったコミュニケーションや教育を個人レベルで行う将来も想像図としてできています。
人にものを伝える時やコット場以外にイメージするモノが実際に目の前にカタチとなって印刷できる、そのような時代がもうすぐそこまできています。